野菜づくりの匠の技を地域に残すため

 

 地域で”農業の担い手”を育んでいきます。

 

「農事組合法人 開発(かいほつ)営農組合」とは、

 滋賀県守山市の洲本町開発地域で集落営農を行う法人組合です。

 

集落の農業を守るため、何もないところから出発しました。

これまで集落が培ってきた組織力を結集して資本を増やし、共同機械を充実。

平成23年「農事組合法人 開発営農組合」へと進化を遂げました。

 

そして今、経営の多角化を念頭に、野菜や花づくりに挑戦しています。

さらに、JA直売所である“おうみんち”周辺を都市住民や消費者の方々との

交流拠点とする新たな農ビジネスへの展開を目指しています。

 

【開発営農組合の概要】

 

平成18年6月11日 特定農業団体「開発営農組合」発足

 

            *組合員数52名(集落内46名、他所6名)

            *出資預かり金 326,000円

            *大豆400a、小麦900aの作付でスタート

 

平成23年2月3日  農事組合法人「開発営農組合」発足

            *資本金 5,848,200円

            *組合員数54名(集落内48名、他所6名)

 

  【営農組合構成】 理事/5名、監事/2名、非常勤(作業はパート)

            従業員/1名(常傭)、作業員/必要の都度(年間18名程)

 

平成28年4月1日現在  資本金増資 資本金 9,988,200円

  

            *組合員数55名(集落内48名、他所6名、アグリビジネス投資)

 

  【営農組合構成】 理事/5名、監事/2名、非常勤(作業はパート)

            従業員/2名(常傭)、作業員/必要の都度(年間18名程)

 

【開発営農組合いの経営規模】

 

開発地区の水田面積  5,900a (H27.6現在)

 

 内訳:

 営農組合対象 3,260a ※組合員所有

 集落内担い手 600a

 集落内個別 260a

 入作 1,780a

 

開発営農組合対象面積(水田) 3,260a

 

 内訳:

 所有   0a

 利用集積 1,713a

 期間借地 430a ※転作借用

 作業受託 67a

 組合員自作 1,050a

 

*集落内の転作(小麦・大豆)は営農組合が全体の78%を耕作している

*2015年より遊休地(畑)の受入も始めている(現在0.2aの利用集積)

農事組合法人 開発営農組合

【住所】
滋賀県守山市洲本町1495
【代表連絡先】
077- 584 -5838
【メール】
kaihotueinou@do-spot.net