私たちが考える「農育」とは、農業のファンづくり。

当地域の「高齢化」による「農家の担い手不足」が深刻な問題であり、

野菜づくりの匠の技を次世代へと引き継ぐことが最大の課題です。

そこで、大阪や京都からも近い、都市近郊型農業地域である利点を活かし、

都市部の人も惹きつける農業体験イベント等を企画・実施。

 

土に触れる楽しさを知ってもらい、農業のファンを増やす。

そして、一人でも多く未来の後継者を育てること。

 

これこそが、わたしたちのミッション

「農育みらいプロジェクト」です。

 

 

【農育みらいプロジェクトの今後の目標】

 

     より多くの人を受け入れられる農業体験のシステムをつくる。

     地域農家のサポートのもと本格的で楽しめる農業体験

    イベントを展開する

     専門家を含めた評価を繰り返し、事業を高度化していく

   ④農家となる専門コースを充実させる

   ⑤引退した農家の休耕地も人材育成の場として活用する

 農育みらいプロジェクトは「農事組合法人開発営農組合」と

「おうみ冨士農業協同組合」が主体となる事業です。

1997年2月、守山市農業協同組合、滋賀野洲町農業協同組合、中主町農業協同組合が合併し、おうみ冨士農業協同組合が発足しました。

年間40万人以上の集客力を持つ滋賀県最大級の直売所「おうみんち」を運営。施設の隣には、農業体験用の圃場やビニールハウスも備えられています。

三上山(近江富士)を望む当地区は、古くから「近江米」の産地として稲作農業が発達するとともに、都市近郊型農業地域として園芸作物も活発に生産され、メロンをはじめ、きゅうり、トマト、花きの産地として有名です。

 

ファーマーズマーケット /おうみんち

市内はもちろん、県外からも通ってくるお客さんがいるほどの人気の農産物直売所。守山市は1年を通じて穏やか気候であることから、多種多品目の農作物が生産が生産が可能であり、おうみんちの直売コーナーにはいつも旬の野菜はもちろん、珍しい品種の野菜や花などが色彩々に並んでいます。

 

滋賀県守山市洲本町2785 /TEL:077‐585‐8318

 

農事組合法人 開発営農組合

【住所】
滋賀県守山市洲本町1495
【代表連絡先】
077- 584 -5838
【メール】
kaihotueinou@do-spot.net